FC2ブログ
0157
2019 / 05 / 17 ( Fri )


五月も半ばを過ぎ、気温の上昇と共に食中毒に関する

ニュースがちらほらと出てきますが、先日、京都で

5歳の女の子が腸管出血性大腸菌(O-157)に感染し、

2週間後に死亡するという報道がありました。

大腸菌のほとんどは無害ですが、なかには下痢を

起こすものがあり、それらは「病原性大腸菌」

と呼ばれています。

その中で腸管出血性大腸菌はベロ毒素という

ものを出し、溶血性尿毒症症候群(HUS)や

脳症を起こし重症化する恐れもあり、

O-157は腸管出血性大腸菌の代表的な細菌です。


O-157は動物の体内に生息し、その汚染された

食肉や加工品・飲料水を摂取することで感染します。


O-157は熱に弱く75度で1分間加熱すれば死滅しますが、

低温に強く冷凍庫では生き残り、酸にも強いため

胃酸の中でも生き残ります。

感染力も強く、100個程度が体内に入っただけで

病気を引き起こします。
(多くの食中毒は100万個以上で起こる)


*症状

潜伏期間は3?8日

激しい腹痛と水溶性の下痢・血便の症状


virus_benpi_o157繝悶Ο繧ー1_convert_20190517131511


*かかってしまった時は?

O-157の感染が疑われる時は必ず医師の診察を受けましょう!

下痢止めや痛み止めの薬には、毒素が体外に

排出されにくくするものもあるため、自分の判断での

服用はなるべく避けてください。

一般的な下痢の治療として安静・水分補給・

消化しやすい食事の摂取ですが、医師と相談して

対応を決めましょう。


成人では感染しても無症状だったり、

軽い下痢で終わることもありますが、

その場合でも便には菌が混じって排泄されてますので、

家族に感染が広がらないよう十分注意してください!


最後に食中毒の三原則です

① つけない

まずは菌をつけない事が一番重要で

手の洗浄・消毒、調理器具の清潔を保つ

② 増やさない

迅速な調理・低温保存

(細菌は高温多湿な環境で活発に増殖します。

菌を増やさないため低温での保存が重要ですが、

それでも徐々に増えますので早めの調理を心がけてください)

③ やっつける

加熱処理

(肉や魚だけでなく野菜も加熱して食べれば安心ですが、

特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です)

以前ブログで手洗いについて書かせていただきましたが、


tearai_hand_suidou_o157繝悶Ο繧ー2_convert_20190517131908


予防の手段として大切になりますので普段から心がけましょう!


スポンサーサイト
13:22:52 | 未分類 | page top↑
続く咳
2019 / 05 / 10 ( Fri )



新元号「令和」の時代が始まり、大型連休も終了してしまいました。

みなさま、体調はいかがでしょうか?


よつ葉クリニックも4月から5月にかけ、新しいスタッフが

各部署に入職しました。


新しいスタッフも含め、みなさまに満足頂けるクリニックを

目指し頑張っていきたいと思います。

5月に入っても、朝晩は肌寒く日中との寒暖差があり、

風邪をひいてしまう方も多いかと思います。

風邪は治ったのに、咳だけが長引いている。

体調は悪くないのに、なぜか咳だけが止まらない。


咳が長引いていても「風邪が治っていないのかな」と

軽く考えがちですが、2週間以上続く咳は

風邪ではない可能性があります。


慢性的に咳が続く気管支の病気「咳喘息」をはじめ、

マイコプラズマ感染症や肺炎など、咳が続く病気は

数多くあります。

そう言った病気には、それぞれに適した治療薬があります。

「そのうち治るだろう」と思っていると、結果的に

辛い思いをしかねません。


当クリニックでは、問診、肺の雑音の有無、

肺機能検査で肺の状態を確認することもできます。

マイコプラズマの検査、血液検査、レントゲンで病気の

早期発見につながり、病気に適した治療に進むことができます。


辛い咳込みは、我慢せずに病院を受診し、

適切な治療を受けることをおすすめします。



virus_seki.png



14:30:23 | 未分類 | page top↑
クリニックの取り組み
2019 / 04 / 26 ( Fri )



みなさん こんにちは。

最近になってよりいっそう暑くなってきましたね。

暑くなると熱中症や脱水症状が頭に浮かびます。

この時期だとまだ早い。。。

と思うかもしれませんが日中は気温も上がるので

これからのGWでお出かけされる方は気を付けてください。


では、本題に入ります。

今日は当院で行っている取り組みの紹介をします。

4月になってもう少しで一か月

学校や会社でも新年度がはじまり

個人、組織でいろいろと目標を立てているかと思います。

当院では、毎年4月に

受付・リハビリ・看護の各部署で年間目標を立て

発表する機会をつくっています。

発表内容については詳しく話せませんが

クリニック全体の目標に沿って

それぞれが患者さんを第一に考えた目標を立案しています。

各部署がスタッフ全員に向けて発表することで

それぞれの目標をクリニック全体で共有し

決めた目標に向かって全員が取り組めるようにしています。

また、1年の最後に

年間目標に対する結果や課題についても発表しているので

常にクリニックとして

患者さんによりよいものを提供できるようにと、努力しています。


1556262321745_convert_20190426161529.jpg

1556262323219_convert_20190426161548.jpg

さらに、年に一度

患者さんへ向けたアンケートを行っていますので

クリニックに対する素直な意見を頂けたらと思います。

明日から、G.W.に入り長期の休みとなりますが

インフルエンザB型への感染などに注意し

体調を崩さないようご自愛ください。


15:57:15 | 未分類 | page top↑
風しんワクチンの定期接種
2019 / 04 / 19 ( Fri )


皆さんこんにちは。

桜の満開の終わりと共に日中は暖かくなってきましたが

朝晩は寒く、インフルエンザB型がまだ流行っていますので

体調管理に気をつけてください。

では、本題に入ります。


今回は風しんワクチンの定期接種についてお知らせします。


風しんポスター

風しんとは…

風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で

風しんへの免疫がない集団において

1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力を有します。

風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で

ヒトからヒトへ感染が伝播します。

風しんに対する免疫が不十分な

妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると

先天性風しん症候群の子どもが

生まれてくる可能性が高くなります。
(厚生労働省HPから一部抜粋)

大阪府内での風しん罹患に関して

2019年4月12日付の最新情報ですが

2019年第14週までの患者累計報告数は103人で

前年度より風しんの報告数が急増しており

注意を呼びかけております。


風しんリ-フレット

風しんの感染予防にはワクチン接種が有効です。

当院では麻しん風しんの混合ワクチン(MRワクチン)

での接種を行なっております。

今年度より、風しん患者が全国的に急増している状況を受け

抗体を保有していないであろう40歳〜57歳の男性において
(昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの方)

原則無料で予防接種を受けられるようになりました。

(大阪市外の方に関しましては、お住いの自治体へお問い合わせ下さい。)

該当の方は、はじめに風しんの抗体検査を受けて頂きます。
(費用は無料です。)

風しんに対して抗体が出来ているかの値の結果が出るまで

1週間〜10日ほどお日にちを頂戴しますが

再度来院頂いた上で抗体の値がある一定数より低ければ

無料で予防接種が受けられます。

勿論、上記外理由での風しん抗体の検査や

MRワクチン接種も自費扱いにはなりますが

可能でございますので受付まで

お申し付けいただければと思います。

風しんの定期接種に関するご案内も

受付でご用意させて頂いております。

ご不明な点がございましたら

当院までどうぞお問い合わせ下さいませ。


12:30:00 | 未分類 | page top↑
四月病
2019 / 04 / 12 ( Fri )



みなさんこんにちは。

桜の開花も全国で始まり、学校では新学期

会社では新入社員が入ったり

部署の配置転換があったりと変化が多い4月。

今回はこの時期の環境変化によるストレスが原因で起きる

四月病をテーマにお話していきます。


冒頭「四月病」と紹介しましたが、実は医学的に

正式な病名ではありません。

環境が変わるこの時期は、知らず知らずのうちに誰もが

ストレスを溜めやすく、さまざまな不調を招くことが多いです。

これをわかりやすく一括りにして「四月病」と呼ばれています。

では「四月病」の症状はどんなものか。

「鬱(うつ)」という症状はよく耳にすると思いますが

では「躁(そう)」という症状についてご存知ですか?


「鬱」が精神的に塞ぎ込みやすく

すべてに無気力になる状態だとすれば

「躁」はその反対で

やる気に満ちあふれ、非常に精神が昂揚している状態といえます。

しかし一見よいことのように感じるやる気も

必要以上に出すぎてしまうと心身のバランスを崩す原因になります。

“十分”を超してしまうほどのやる気が、精神の興奮を招いたり

怒りっぽさにつながったりすることがあります。

そして、この「躁」状態の困ったところは

自分ではなかなかおかしいと気付きにくいこと。

「何かをせずにはいられない」

「いろいろなことにチャレンジしすぎる」などの

症状があっても

それをプラスに捉えてしまうことが多いので

躁状態になっている「四月病」を自覚するのは難しいといえます。

新学期や入社をはじめ、さまざまなことがスタートする4月は

自分でも新たなことを始めようと思いがちで

多くの人が頑張りすぎる傾向にあるので

それも四月病にかかりやすい原因です。


shinsyakaijin_couple2_convert_20190412155025.png

「四月病」の症状や原因がわかったところで

気になるのがその対処法。

どうすれば防ぐことができるのか。

それを考える上でのポイントは

私たちの体で働く交感神経・副交感神経のバランスです。

「交感神経」は

活動するとき・興奮状態のとき・ストレスがかかる状態のときに働き

「副交感神経」は

リラックス時・休息時・就寝時に働きます。

片方の神経が働くとき、もう一方は休むといったように

交互にバランスよく働くことで心身の健康を保っていますが

環境変化からのストレスや、頑張りすぎてしまって一種の興奮状態が続けば

「交感神経」ばかりが優位になり

「副交感神経」とのバランスが崩れてしまうことがあります。

すると、それが精神的にも肉体的にも不調を招く要因になります。

「副交感神経」への切り替わりが

うまくいかなければ不眠にも陥りやすいため

ストレスがどんどん蓄積されていく負の連鎖が生じてしまうことも。

これが「四月病」の起きる要因ともいえそうです。


pose_atama_kakaeru_man_convert_20190412155003.png

「四月病」にならないためには、できるだけリラックスすることが重要です。

おすすめなのは、「副交感神経」の働きを促す「深呼吸」。

日常的に、ときどき「深呼吸」する習慣をつけてみましょう。

ほかにも、たとえば以下のような行動から

しっかりとリラックスできる環境を整えていくのもいいです。

•ジャスミン茶などの温かいハーブティーを飲む

•お風呂にゆっくりつかる

•帰宅後に穏やかな音楽をかけ、日中活動からリラックスへの切り替えスイッチをつくる

•就寝前はTV、スマートフォン、パソコンなどのメディアをシャットアウトする


新年度が始まる4月

一所懸命に頑張ることは悪いことではありませんが

無理を続けることがないように注意が必要です。

ときどき「張り詰めすぎていないか」

「自分の許容範囲を超えてやりすぎていないか」を振り返って

「深呼吸」を忘れずに行うことで予防につとめてください。

寒暖差も続くこの時期体調の崩れも起きやすいので

風邪や体調不良など困ったことがありましたら

当院に受診していただきご相談下さい。




16:49:34 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ