FC2ブログ
大掃除
2020 / 08 / 12 ( Wed )
こんにちは

暦の上では「立秋」に入り、秋の始まりですが、まだまだ残暑の厳しい時期が続いています。

熱中症に十分注意して過ごしてくださいね。

よつ葉クリニックは、

8月13日(木)から8月16日(月)まで夏季休暇を頂きます。

その前に、恒例の大掃除を8月8日(土)に行いました。

午後の診療後、昼食をとり、いざ開始!!


image1溝上


image2松岡


image新谷



スタッフ全員が阿吽の呼吸でそれぞれの場所を担当していきます

大がかりな外壁やシャッター、玄関回り、排水溝などは高圧洗浄機で、

空調のフィルター、換気扇、各部屋の壁や床、棚など丁寧に洗浄・吹き上げていきました。

日頃の業務中では、出来ないところを念入りに行い、夕方に無事終了!

とても疲れはしましたが、スタッフ全員、達成感と満足感で満たされていました

8月17日(月)から通常診療の開始となります。

新型コロナウイルスの感染状況を毎日注視しつつ、

感染防止対策をきっちり行っていますので

安心して受診して頂けると思います。
スポンサーサイト



13:34:41 | 未分類 | page top↑
新しい生活様式と熱中症予防
2020 / 08 / 07 ( Fri )




皆さん、こんにちは。

長かった梅雨が明け、夏本番ですね。

連日、

新型コロナウイルス感染拡大~第2波と報じられる中、

今夏は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

これまでと異なる環境下(マスクの着用)

での生活を過ごしておられることと思います。


今年の夏は平均より高温になる予想が出ています。

また、消防庁のデータによると、

昨年7月~9月の熱中症よる救急搬送者数は、

全国で6万2718人で、

このうち7月29日~8月11日の2週間で

約半数の3万1585人で数えており、

まさに、今の時期は特に注意を要するシーズンです。


5月の当院ブログでもご案内させていただきましたが

例年以上に熱中症の注意が必要な今年、

改めて、

「新しい生活様式」における熱中症予防行動ポイント

を、ご紹介させていただきます。



①こまめな水分補給

マスクを着用している時は、

強い負荷の作業や運動は避け、

のどが渇いていなくてもこまめな水分補給を心がけましょう。

また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、

適宜マスクを外して休憩することも必要です。




画像1





②適宜マスクを外す

夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、

熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

このため、

屋外では人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)

が確保できる場合には、

熱中症のリスクを考慮し、

マスクを外すようにしましょう。



画像2

画像3




③高齢者・子ども・障がい者への目配り

3密(密集・密接・密閉)を避けつつも、

熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への

目配り、声かけをするようにしましょう。





画像4


画像5


画像6







④日ごろの健康チェック

日ごろの体温測定、健康チェックは、

新型コロナウイルス感染症だけでなく、

熱中症を予防する上でも有効です。

体調が悪いと感じた時は、

無理せず自宅で静養するようにしましょう。



画像7


画像8






この4つに加えて、

従来からの熱中症予防行動も忘れずに、

この夏を元気に過ごしましょう。


<暑さを避けましょう>

エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整。

感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、

エアコンの温度設定をこまめに調整。


<涼しい服装を心がけ、外に出る際は日傘や帽子を活用>


<のどが渇く前にこまめに水分補給を>

食事以外に1日あたり1.2リットルの水分摂取が目安。


<塩分補給>

激しい運動、作業を行なった時。

汗を多くかいた時。


<暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動を>

外出時は天気予報や「暑さ指数(WBGT)」を参考にしましょう。

暑さ指数(WBGT)が確認できます。

㍶ https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

スマートフォン https://www.wbgt.env.go.jp/sp/wbgt_data.php



熱中症予防も心掛けつつ、コロナ対策も引き続き行っていきましょう。



13:00:53 | 未分類 | page top↑
胃の調子は大丈夫ですか?
2020 / 07 / 31 ( Fri )

梅雨もそろそろ明けそうですが、雨が降ったり、晴れたり、

なんだか落ち着かないですね。

新型コロナウイルスが未だに終息しません。

先の見えにくい状況のなか、多くの不安に伴うストレスを

抱えてしまう生活になっていませんか。


胃腸は正直です。

そんなストレスの影響をうけてしまい、

痛んだりすることもあるかと思います。

胃痛



今、少しでも外出が自由な間に

胃内視鏡検査を受けることをおススメします。


胃カメラ



基本的に、検査は予約制になります。

まずは、診察を受けに来ていただき、医師と相談したうえで

予約を取るながれになります。

医師と相談し、検査を決めるので不安なことや気になること

相談できるので安心です。

当院の胃内視鏡検査は「思ったより楽だった。」

「受けるまで怖かったけど、受けてよかった」と感想を頂いています。


胃の不調、お気軽にご相談ください。


まずは体調管理!今のご時世大切なことだと考えます。

14:22:56 | 未分類 | page top↑
エコバッグでの食中毒に注意
2020 / 07 / 22 ( Wed )


皆さんこんにちは

天気は雨が続いて気分もなかなか晴れない最近

体調を崩さずに過ごせていますか。

暑いと水分を多く取ると思いますが、

ミネラル成分も忘れず合わせて取って下さいね。


話は変わりますが、7月からレジ袋の有料化が始まり、

エコバッグを使う人が増えています。

しかしながら新型コロナウイルスや

夏場に多い「食中毒」のことを考えると、

エコバッグ使用時の衛生面には特に

気をつけてほしい事があります。

そこで今回はエコバッグ使用時の

注意点についてお話ししていきます。



エコバック

■「細菌性食中毒」が増える夏場の食中毒

コロナウィルスの広がりから、

新たにテイクアウトやデリバリーを

始めるお店が増えています。厚生労働省では、

「調理してからお客さまが食べるまでの

時間が長く、気温の高い時期は

特に食中毒のリスクが高まる」として、

お店には注意喚起を促しています。

また今の季節は家庭での食事でも

食中毒が発生しやすくなっていますので、

ご注意ください。

ひと口に食中毒といっても、その原因は細菌、

ウイルス、自然毒、化学物質、寄生虫など

さまざま。夏場に多く見られるのが

「細菌性食中毒」です。

ちなみに冬場に多い「ウイルス性食中毒」として

知られているのがノロウイルスです。

細菌性食中毒の細菌には「腸管出血性大腸菌」

「カンピロバクター」「リステリア」

「サルモネラ」「黄色ブドウ球菌」

「腸炎ビブリオ」「赤痢菌」「ボツリヌス菌」

などがあります。

加熱処理が行われていない食品をはじめ、

お弁当だったり、おにぎりだったり、

卵だったり、いろいろな食品が原因で

なる可能性があります。


食中毒


■エコバッグは細菌が付着する危険性あり

コロナ禍に伴い、海外ではエコバッグの使用を

禁止するところもあるそうです。

日本ではレジ袋の有料化に伴い、

エコバッグが普及しつつありますが、

注意したいのはエコバッグによる食中毒です。

農水省では次のように注意を呼びかけています。

「目につく汚れやニオイがなくても、

知らぬ間に肉や魚の汁、野菜の土が

エコバッグに付着することがあります。

そのままにして使い続けると、

食中毒菌が増殖してしまい、新たに購入した

食品に菌が付着してしまいます」。

そこで、農林水産省ではエコバッグを清潔に使う

ための「日頃から気を付けたいポイント」を

打ち出しています。

(1)エコバッグは定期的に洗いましょう。

(2)肉、魚、野菜はポリ袋に入れてからエコバッグ

に入れましょう。※ポリ袋に入れるときは

肉や魚の汁、野菜の土がエコバッグや他の食材に

付着しないよう注意してください。

また使用したポリ袋は再利用せず、

適切に捨てましょう。

(3)エコバックに入れる順番に気をつける。

肉、魚、冷蔵・冷凍食品などの

冷たい物はまとめて入れて、

温かいものと、密着しないように。

(4)食品と日用品を入れるエコバッグを

区別して使いましょう。

(5)食品を入れたエコバッグの持ち運びは、

短時間にしましょう。

食中毒などが起こらないように、エコバッグを

上手に使うようにしてくださいね。

梅雨があけると暑い日が例年続くので熱中症にも

気をつけるようにしてください。
13:00:00 | 未分類 | page top↑
認知症
2020 / 07 / 17 ( Fri )



7月も中旬に入りましたがコロナウイルスの

感染者が再び大阪でも増加傾向にありますね。

個々の意識・マスク等の対策の徹底を

熱中症に気をつけながらではありますが、

収束に向けてもう一度頑張りましょう!

ところで、最近のニュースで蛭子能収さんが

認知症と診断されたとニュースがありました。

驚きましたね。

ただ、皆さんも他人事ではなく

コロナウイルスによる自粛によって

認知症のリスクは高まっている可能性が

あります。


image0.jpeg


ブログでも「フレイル」を取り上げましたが

活動量が減り人との接触も減る事で、

認知機能が低下する恐れがあります。


チェックリスト

1.財布や鍵など、物の置いた場所が
わからなくなることがある

2.5分前に聞いた話を思い出せない時がある

3.周りの人から同じ事を聞くと言われるなどの
物忘れがあると感じる

4.今日が何月何日何曜日かわからなくなる

5.言おうとしている言葉が出てこないことが
ある

6.1人で買い物に行けない

7.バス・電車などの公共交通機関を利用して
出かけることが減った

8.自分で掃除機・ほうきなどで掃除ができない

9.電話番号を調べて電話をかけることができない


image4.png


このようなチェックリストで

当てまはるものが多い。

もしくは最近体力・記憶力の衰え、

不安を感じる。

などがありましたら一度相談してください!

他にも認知症は生活習慣病との関連も

言われておりますので、

よつ葉クリニックでの認知機能の

検査に加えて採血による健康状態の

チェックなどを行い少しでも皆さんの

健康を損なうリスクを減らしましょう!



13:03:10 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ