FC2ブログ
2010 / 04 / 16 ( Fri )
受付の岸田です。

遷都1300年ですね。奈良公園の散策が好きでよく出かけます。

近鉄奈良駅から登大路を西に向かいトンネルを抜け木々の緑が濃くなるあたり、
いつのまにかすぐそばに鹿が現れて、突然1300年の昔にタイムスリップしたような不思議な感覚。
大勢の修学旅行生や外人観光客に混じって東大寺の参道を大仏殿にむかって進めば、
例えば初めてパリの名所を訪ねたときと同じ、わくわくするような高揚感。
喧騒をはなれて春日野の森を抜け、人影もまばらにひっそりと静まり返った新薬師寺の本堂で、
初めて12神将と対面した時の震えるような恐怖に似た感覚。
奈良に行くといつもなにか新しい感動があって、こころが洗われるような気がします。


なんちゃって。


こんなふうに気取っていますと

「岸田さんが好きなんは今里からなんばまでの散歩とちがうのん」

と、誰かさんに冷やかされそうです。

本当のことを言いますと、3年前に大阪に引っ越してきて以来、主人が奈良にはまってしまい、
しかたなくつきあって奈良を訪ねること10数回です。

山の辺の道、斑鳩、明日香と古代から年代を追いながらの散策でしたので、
最初のうちは見るものといえば古墳や遺跡ばかりで古代史おんちの私にはただの石ころ。

最近ようやく平城京にたどり着き、遷都1300年の感慨ひとしおです。

せんとくんとのツーショットもばっちり決まりました。

岸田


ところで私このたび家庭の事情により横浜に帰ることとなり、
4月24日をもちましてよつ葉クリニックを退職させて頂くこととなりました。

先生はじめ職場の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

色々と至らぬことも多かったと思いますが、
患者さまにはいつも暖かくお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

皆さまどうぞお体に気をつけてお過ごしください。



受付 岸田浩子



17:48:21 | 未分類 | page top↑
気分転換♪♪
2010 / 04 / 22 ( Thu )
リハビリ科の松岡です。
久しぶりにブログに登場させてもらいます。ご無沙汰しております。


さて皆さん、今年のゴールデンウィークのご予定はお決まりですか?

療養中なので、お家でゆっくり…、あるいは、
お怪我をされていてゴールデンウィークどころでは無い患者さんもおられることと存じますので恐縮ですが、
我が家は今年も妻の実家の宮崎県に帰郷することになりそうです。

宮崎の父母に、日々大きくナマイキになる孫(ウチの娘どもです)を
写真ではなく”生”で会わせる為、”義務感”とも言えるプレッシャーの中、
十数時間、車を走らせます。

医療従事者でありながらお恥ずかしい話ですが、私もちょくちょく腰痛に苦しめられますので、
『運転、やばいやろうなぁ』と思いつつ、サービスエリアでストレッチをしたり、コルセットを利用しながら…
(桜花賞を当てて今年は飛行機で帰ろうと思っていたのですが…残念な結果になっています。)

長時間の運転が原因で腰痛を酷くしたこともありますので、
到着すると挨拶もソコソコに、まず風呂をいただくことにしています。
実家近くの温泉が開いている時間に着けば利用することもあります。
長旅で緊張した身もココロもリラックスできます。

私の場合、温泉好き+腰痛予防も兼ねて、宮崎以外でも、しばしば温泉を利用しています。
出先で調べて飛び込みで入ったり、近場のスーパー銭湯に家族で小旅行感覚で行ったりします。

個人的な想い入れも大きいですが、お気に入りを幾つか紹介します!


●奈良 音の花温泉

http://hse.dyndns.org/hiroto/private/Bclass/onsen/on00/on0074/onsen_d0.htm

車で30分程で行ける便利さも手伝い、思い立ったら夕方からでも『ひとっ風呂』。
今、一番訪ねる頻度が高い温泉です。
スーパー銭湯っぽいのですが、泉質ヌルヌル、床ツルツル注意、露天風呂がデッカくて圧巻。
近場の割に十分、温泉気分が満喫できます。
*地図でみると、近鉄生駒線東山駅から距離で500m位ですので、電車でも行きやすい、かな?
(別のHPでは駅から徒歩5分と書いてありました。)
音の花



●越前温泉 漁火

http://www.echizen-kk.jp/isaribi.htm

友人ファミリーと合同でスキーに出かけた帰り、ふらっと立ち寄りました。
大人数で訪れた楽しい思い出も相まって、印象深い温泉(銭湯?)です。
日本海を一望できる露天風呂は、子供も喜んでいました。
大阪から、わざわざ行くところでは無いと思いますが、近くまで行った際は、是非、って感じです。
漁火



●明礬温泉 別府温泉保養ランド

http://www.owl.ne.jp/beppusotoyu/hoyouland/

大分県に在住していた数年間で、結構利用しました。
これまで行った中で最もインパクトのある温泉です。
混浴ですので女性は抵抗ある方もおられるかと思いますが、
泥の沼みたいな露天風呂は大分県の温泉の中でも一風変わっていて、結構、老若男女、利用されていました。
『鉄腕ダッシュ』で紹介されたこともあります!!
ココには、いつか必ず、また行きたいっ!! です。
furo.jpg




日本では昔から「湯治」として重宝されている温泉。

現在でもリハビリに利用している病院もございます。
療養中の方も、お出かけが出来る状態であれば、ご家族・ご友人といかがですか?
遠出する本格的な温泉でなくても、市内でスーパー銭湯が色々出来ています。
『行ってみる』だけでも、気分転換にもなるかも…です。

先日、患者さんから『泉佐野 犬鳴山温泉』を教えていただいたので
私も出かけてみようと思っています。
良いトコロあれば、また教えてくださ~い、ざっぶーん。


★注意事項として、一般的禁忌症(発熱中、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血など)の他にも、
温泉療養をしてはいけない病気や症状も少なくありませんので要確認です。
また、妊娠中(とくに初期と末期)も宜しくないようです。
入浴に際し、ご自身の健康状態が不安、あるいはご不明な点があれば、
まず、『よつ葉クリニック』に来院いただき、詳しくは院長にご相談いただくことをお勧めします!!


以上、松岡でした!! 


19:12:48 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ