バジルちゃん
2010 / 09 / 03 ( Fri )

こんにちは。長友です。

もう9月に入りましたが、毎日毎日、暑い日が続いており全く夏の終わりを感じません。

外は猛暑ですが、昨日スーパーに行くと、秋の味覚「マツタケ」が売られていました。

少しだけ秋の気配を感じた瞬間でした。

まだしばらくは暑い日が続きそうなので、暑さに負けないように頑張りたいと思います。



さて話は変わりますが・・・6月くらいから自宅でバジルを育てています。
何の知識もなく、愛情と水と太陽の光のみで育てていました。
そのためか、まだ葉っぱは小さく薄っぺらで、茎もヒョロ~っとしています。

しかし先日、自宅のバジルちゃんに変化をもたらす出来事が起きました。
友人宅へ遊びに行った時のことです。
ご飯を作ろうということになり、友人が「実家からバジルが送ってきたからそれを使おう」と言いました。

私はこれまで自分で育ててるバジルしか見たことがなかったので、
友人が冷蔵庫から出してきたバジルの葉をみて驚きました!!

そのバジルの葉は、大きくて分厚く緑色もとても濃かったのです。
私が育てているバジルとは全然違っていて、衝撃でした。

ちゃんと育ててあげればこんなに大きくなるものかと・・・。

私は家に帰り、自分のバジルをみてとても細くて元気がなくかわいそうになりました。
インターネットや本で勉強したり、休日にプランターを買いに行き、バジルをプランターに移し変えました。
プランターに変えてから、確実に元気に大きくなってきているような気がします。

毎日、バジルを見るのが楽しみになってます。


友人宅で見たバジルの大きさを目指して、愛情たっぷりに育てて行きたいと思います。

料理に使える日が来ることを楽しみに、料理の勉強もしておきたいと思います。

バジルちゃん



スポンサーサイト
17:05:42 | 未分類 | page top↑
バジル二世
2010 / 09 / 10 ( Fri )
看護師のナガトモです。バジルちゃんが一週間で、こ~んなに大きくっ!!

写真1


とは、なるはずなく…。

ナガトモではなく、リハビリ科の松岡です。
これはウチのバジルです。

実は、同時期にバジルの苗を入手し世話をしていたのですが、
愛情の差かどうかはともかく、成長に違いが出てしまったようです。

(決して、バジル自慢ではありません)


ベランダの室外機の上にプランターを置いて育てているのですが、
育てて早々、成長していくバジルの葉に虫食い穴がポツポツ開きだしました。

以前、育てていた植物に青虫がついた時も、こんな感じだったので探しましたが原因が判りません。
数日、観察していると、小指の爪ほどのバッタを一匹発見しました。

その内、どっかにいくだろうと放っておきましたが、
3本の苗の間を行ったりきたりしながら、結局、ひと夏を越してしまいました。

いつしか、娘らと水をやりながら、バッタの様子を見るのが日課となって、

「小指の爪」サイズだったのが「小指そのもの」まで成長しました。

うまく擬態するので、何度か見失い、「逃げちゃったね…」と話したりもしましたが、
先日の台風でも飛ばされずに、未だ居ついています。

写真2


バジルの使い方もアドバイス下さる患者さんがおられるので、
釣り帰ったイワシや豆アジを唐揚げをするときの臭み取りや、トンカツとかに使っていますが、
結局、家族の誰よりもバッタが食しています。

でも、残念ですが、もうすぐ、バジルが枯れる時期になります。

先日、『食べるものが無くなる前に、バッタを野に放してやろう』と家族会議で決めました。

”葉っぱが豊富”、”猫とかに襲われない”、”子供に捕まえられない”などなど、
放す場所については、娘らが色んな条件を考慮しながら検討中です。

ひと夏を一緒に過ごしたバッタ…
巣立っていくことを考えると複雑な気持ちです。

『娘達が結婚するときって、こんな感じなのかな…』

と思い巡らせると、物悲しくなってしまうのは、『秋』が近づいているせいもあるのでしょうか…。

日中の暑さは依然厳しいですが、
昼夜の温度差が大きくなり、空の雰囲気も変わってきました。

過ごしやすい『秋』も目の前ですが、季節の変わり目は体調を崩しやすいです。
食事・睡眠や空調など、上手に体調管理していただくか、不安な場合は、当院でご相談ください。


ナガトモさん、バジル、枯れるまでに大きくなるといいね。
あのね、小さい白い花も咲くんだよ。
見れるといいね~。ウチのは咲きまくったけど。
(あ、自慢になっちゃったか?)


リハビリ科 松岡でした。

18:00:02 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ