うれしいこと、いやなこと
2018 / 04 / 05 ( Thu )



花粉が飛びまくって、目の痒み、鼻水、くしゃみ、と、

例年ながら困っております、リハビリ科の松岡です。

ひどい方と比べると、症状は軽いほうなので、

何とか、乗り切っていこうと思っております!!


さて、先日、少し嬉しい出来事がございました。


蜀咏悄1_convert_20180323122448

お菓子の山、です。
(これ、一部分です。)

次女ひとり留守番してもらい、妻と買い物に出かけて帰宅すると、

お菓子がコンビニのビニール袋いっぱい

置いてありました。

「これ、何?」と次女に尋ねると、

「眼鏡をかけたおばちゃんが

『お世話になりました~。』と持ってきた。」

と言います。

どこの、どなたが、何のお世話のことをおっしゃっているのか

何も聞かずに受け取っているので

何の事やら、さっぱり判りません。

僕は心当たりなく、妻も同様。

頻繁に留守番してくれている父親に電話すると、

父親も、眼鏡をかけたおばちゃんのお世話を

した覚えはない、といいます。

色々、皆で考えていると、

父親が、ついさっき、ウチのマンションの下で

子供用の携帯電話を拾った、と。

バッテリーが切れていて電話もかけられなかったので、

管理人さんに届けた、と。

早速、管理人さんを訪ねていくと、

充電して履歴で電話をかけてくださり

無事に持ち主の手元に戻った、とのこと。

父親が管理人さんに拾い主としてウチの部屋番号を伝えていたらしく

持ち主のお母さんが

すぐさま近所のコンビニでお菓子を買い込んで

持参してくださったということが判りました。

拾い主の父親とお菓子を分けて

とった写真が前のものです。

次女に正しい応対の方法をアドバイスするとともに

いただいた方にお礼を言いに伺うと

名前も名乗らず申し訳なかったと

逆に恐縮しておられました。

人助けではないですが、喜ばれることをしていると

やっぱり良い事が回ってくるもんやなぁ、と

改めて感じた出来事でした。

おいしく皆でいただきました。


反面、嫌な気分の出来事もございました。

朝、出かける際に時々一緒になる小学生の男の子がいます。

今回も、私がエレベーターに乗り込むと、

「もう、なんでのってくんのん?遅れるやんか!!」

と、閉まるボタンをたたきまくり、扉を蹴ります。

階で止まる度、のってくる人に同じことを言い

同様のアクション。

以前から何度か、似たようなことがあったので

「ボタンたたいたり扉を蹴飛ばすのは
皆が使うものが痛むので、やめようよ。」

と今回は注意しました。

「遅れたら、どうしてくれんの!!」と言い返してきます。

「もう少し、早く起きたら?」と私。

「早く起きてるし!」と彼。

「じゃ、もう少し、早く家を出たら?」と私。

「早く出てるし!」と彼。

1階に到着すると、とっとと出て行きました。

夜、帰宅して

「聞いてきいて~。いやな事あってん。」と子供たちに出来事を話し

「彼にも事情は在るのかもしれないし

人一倍、責任感の強い子なのかもしれんけど、

おまえらは絶対、自分のこと棚にあげて人やものに当たるな」と

特に次女に伝えました。

私も屁理屈や言い訳先行でものを言う子供だった気がしますし

小学生の彼のことも、自分の子供の頃を

見ているようで嫌だったのかもしれません。

行動ももちろんですが

返答が言い訳じみてていやだったのかもしれません。

前述の次女も嫌な部分が似ていますので

特に話しを聞いてもらいたく、話しましたが

判ってくれてるのかどうだか。。。

そんな彼女も春から中学生。

部活や新しい習い事を考えているようで

色々、計画を話してくれますが、

その計画の中に勉強の「べ」の字も

出てこないのが気になるところではあります。

親離れ子離れ、の話は以前にも書きましたが

最近も、自分たちの気に入った内容でないと

声をかけても着いてきてくれず、

3月の、とある日曜日、釣りに誘いましたが

やっぱり振られ。。。


蜀咏悄2_convert_20180323122513

妻が着いてきてくれましたが

哀愁の漂う一枚です。

益々、それぞれの用事が盛り沢山で

なかなか揃って出かけて。。。

の機会は減ると思いますが、

興味を示して、ノリノリで待ちわびているのが!!


蜀咏悄3_convert_20180323122550

彼女らにとっては、初ライブ参戦、です!!

私が初めて友人とライブを見にいったのが中学2年生。

その時の衝撃は今でも忘れられません。

彼女らにとっても

良い刺激になってくれれば。。。と

私も楽しみに待ちわびている春の日でした。

続きを読む
スポンサーサイト
12:22:30 | 未分類 | page top↑
梅林
2018 / 04 / 11 ( Wed )



こんにちは!

リハビリ科の中尾です。

少しずつ春の陽気で嬉しい季節になりましたね。


3月初旬、息子を連れて大阪城の梅林に行って来ました。

この季節になると、春を感じに梅や桜を見に行く

というのが息子が保育園の時から

毎年続けていることのひとつです。

今年も期待を裏切らない

素晴らしい彩りの梅を見て

私と息子は感動しました。


1521951057524_convert_20180330161421.jpg

1521951059282_convert_20180330161448.jpg

ビデオカメラを回して、成長した息子を撮ることも私の楽しみのひとつですが

いつまでこうやって一緒にお出かけしてくれるだろうか?と

考えると何だか切なくなってしまいますが

「素直で優しい子に育ってくれますように」と

願いを込めて帰宅しました。


1521951061980_convert_20180330161509.jpg

また来年も、このブログで梅林のご報告ができれば嬉しいです。


12:07:13 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ