FC2ブログ
はしか
2019 / 02 / 21 ( Thu )
みなさんこんにちは

今年は暖冬の予報通り、例年に比べ日中は暖かさを

感じる日が多いかと思います。

しかし全国的なインフルエンザの流行に加え、

その他の感染症に関するニュースもよく耳にしますので、

体調管理には充分気をつけてください!

今回のブログは、今まさに感染の報告が増加している

麻疹について書きたいと思います。


国立感染症研究所によりますと、2月19日の時点で

全国の麻疹(はしか)の患者数は167人に上るとの事です。
(三重49人 大阪47人 愛知17人 東京11人 神奈川6人)


麻疹は麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症で、

インフルエンザウイルスの10倍の感染力を持ち、

免疫を持たない人がウイルスに接触すると

ほぼ100%感染すると言われています。


現在、日本はWHO(世界保健機構)から麻疹排除国として

指定されていますが、近年は海外からウイルスが

持ち込まれる機会が増え、感染者数の増加につながっています。



*症状

感染から10?12日の潜伏期間を経て発熱・咳などを伴い発症、

風邪に似た症状が2~4日間続き、頬の裏側の粘膜に

コプリック斑という白い斑点ができるという特徴があります。

その後、39度を超える高熱が出て全身に発疹ができ、

重症化しなければ発症して7~10日程で症状は軽快していきます。


*感染経路

感染経路は飛沫・接触・空気感染で、麻疹は手洗いや

マスクでは防ぎきれず、ワクチン接種による予防が

極めて重要といわれています。

一度感染して発症すると、抗体ができて生涯免疫が

続くとされています。

しかし、そもそも自分が麻疹に感染したことがあるのか?

ちゃんと免疫が獲得できているかわからない場合、

採血で抗体を確認することもできます。


厚生労働省のHPの情報も是非、ご覧下さい。

厚生労働省のHP
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html


最後に、

妊娠を希望する女性、

妊娠を希望する女性の配偶者(妊婦の配偶者を含む)で、

なおかつ風しんの抗体検査を行い、抗体がないと

証明された方を対象に、大阪市では、先天性風しん症候群を

予防するための対策として、MR(風しん・はしか混合)ワクチン

接種費用の公費助成を行っています。

詳しくは、大阪市のHPをご覧下さい。

大阪市のHP
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000259598.html

その他、費用やワクチンのこと等、気になる方は

気軽にお問い合わせください。

助成金対象者で接種希望の場合は

その旨をお問い合わせの際に必ずお伝えてください。



はしか(1)



スポンサーサイト



10:27:00 | 未分類 | page top↑
| ホーム |