FC2ブログ
季節性アレルギー性こり
2019 / 04 / 05 ( Fri )



みなさんこんにちは。

いよいよ4月に入りましたね。

つい先日、新元号が発表されましたが

4月はまだ平成なので注意してくださいね。

5月から令和時代に突入するという事で

我々スタッフ一同も更に努力していこうと気持ちが引き締まります。


ところで、皆さん花粉症はいかがでしょうか?

前にブログで触れさせていただきましたが

今年は飛散量も多く今年から花粉症になった方

更に症状が酷くなった方も多いかと思われます。

その中で「季節性アレルギー性こり」というものをご存知でしょうか?


1554416683424_convert_20190405081358.jpg


これは花粉症の症状のくしゃみ

鼻水によって鼻をかむ動作で

首・肩の筋肉に力が入って肩こりなどの症状を訴える事を指しています。

ですので花粉症と言えど目・鼻の症状だけでは収まらないという事です。

今回はその場ですぐに出来る肩こり予防について

お話させていただきます。


①口すぼめ呼吸をする

2秒間鼻から息を吸い

口をすぼめて6秒間ゆっくり息を吐きます。

これを10回程度繰り返します。

吸う方より吐く方を意識すると自然と吸い込む空気量が増えます。

そうすると、首・肩付近の筋肉にも届ける酸素量も増えるので

肩こりの予防・改善に効果が期待できます。

その他、口より鼻で呼吸する方が

より多くの空気量を吸えますので、鼻呼吸も効果的です。


②姿勢を意識する

正しい姿勢から前かがみの姿勢になってしまうだけで

肺に入る空気量が減ってしまいます。

そうすると筋肉に届く酸素量も減りますので

こりの原因の1つになってしまいます。

普段から背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけましょう。


③こまめな水分補給

花粉症の方の多くは鼻づまりによって

自然と口呼吸になってしまいます。

すると、のどが乾燥するので

のどにある粘膜も乾燥してしまい

ウイルスが体内に侵入しやすい状況になります。

こまめな水分補給によって

のどの粘膜を潤しておきウイルスの侵入を防ぎましょう。


もちろん、肩こり解消には、ストレッチも効果的です!

当院リハビリ科では

頚・肩周辺の緊張緩和の治療だけでなく

ストレッチやエクササイズの指導も行っておりますので

ご紹介させていただいた方法と合わせ

お悩みの方は、是非、一度、ご来院ください。


スポンサーサイト



12:30:17 | 未分類 | page top↑
| ホーム |