FC2ブログ
秋のアレルギーに要注意!!
2019 / 11 / 01 ( Fri )



深秋の候、日が短くなってまいりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

秋になると鼻・咳の症状がでたり悪く

なることはありませんか?

<秋のアレルギーに注意!>

鼻水や咳が出ると「風邪かな?」と思うことが

多いですが、秋に症状が現れやすい

アレルギーかも知れません。

秋は、身近な植物の花粉や屋内の

アレルギー原因物質(アレルゲン)が

増加する時期で、アレルギーの原因

が分かりにくい時期でもあります。

アレルゲン量が増えると、普段はでない

アレルギー症状が発現したり、アレルギー

症状が悪化することが知られています。


<秋にもある花粉症>

花粉症といえば、春のスギ花粉症が

よく知られていますが、秋にも花粉症の

原因となる花粉(ブタクサやヨモギ)が

飛散しています。

image2.jpeg


これらの植物は道路わきなどに生育し、

身近な場所で花粉を飛散させます。

花粉症の患者さんには、くしゃみ、鼻水、

鼻づまり以外にも目のかゆみ、喉のイガイガ、

皮膚のかゆみ、肌荒れ、下痢や熱っぽい

といった症状が現れることがあります。

また、リンゴやモモを食べると口の中が

ピリピリしたり腫れたりする口腔アレルギー症候群

(OAS)と呼ばれるアレルギーも注目されています。

果物や野菜の中には花粉の特異的IgE抗体に

反応する物質が存在し、その物質がアレルギー

反応を起こしているのです。

放置すると重症化することがありますので、

原因を特定して対策を立てることが重要です。


image0.jpeg



<秋に注意が必要な屋内アレルゲン>

特に注意が必要なアレルゲンはダニ

アレルゲンです。ほかにもカビや昆虫

(ガやゴキブリなど)も秋に増加する

アレルゲンとして注意が必要です。

『ダニ』
ダニは夏に最も虫体が増えます。

夏に増えたダニのフンや死骸が

アレルゲンとなるため、夏から秋に

かけてダニアレルゲン量が増加します。

ダニアレルギーの患者さんは、秋口に

症状が増悪すると言われており、ダニ対策が

重要です。

『カビ(真菌)』
カビは湿気の多い浴室、台所や押入れ、

靴箱などにも発生します。カビの胞子には

季節変動があり梅雨時期と秋に増加します。

カビはぜん息を悪化させることが多く、

発生しないよう対策することが重要です。

『昆虫(蛾・ゴキブリ)』
屋内外で発生する蛾のアレルゲン量は、

春から秋にかけて(特に秋に多く)みられ、

幼虫のフンや成虫の 鱗粉 、死骸が原因となります。

ゴキブリは、特に夏に多く見られ、フンや

死骸がアレルゲンとなります。


image1.png



<セルフケアのポイント>

アレルギーでは原因アレルゲンを除去・回避し、

症状を悪化させないことが大切です。

原因を知ることにより日常生活のちょっとした

セルフケアで悪化や重症化を回避することも

できます。症状の原因となるアレルゲンは

医療機関で調べることができます。

原因植物に近づかない草原や川辺、

土手など植物(特に雑草)が多く繁殖している

場所を避けるようにしましょう。

帰宅したら衣服の花粉をはらい落とし、

家の中に花粉を持ち込まないように

髪の毛や衣服をはたいてから家に入りましょう。

部屋の掃除をこまめにし、カーペットに

ついたダニ・ハウスダストの掃除をしたり、

寝具の洗濯をしましょう。

掃除の期間が空いてしまうと鼻炎が

ひどくなってしまうこともあります。

天日に干すのも良いでしょう。

掃除とともに除湿器を用いて室内の湿度を

上げないことも、ダニの減量に効果的です。

気になる症状があれば当院で相談ください。




スポンサーサイト



13:07:32 | 未分類 | page top↑
感染対策(手洗い)について
2019 / 11 / 08 ( Fri )
朝、晩、めっきり冷え込むようになりましたが、

皆様、風邪など引いておられませんか?

今年も既にインフルエンザが流行しており、

ノロウイルスも流行してくる時期となりました。

手洗いなどでしっかりと感染予防対策をとっていきましょう!

感染対策では、手洗いが基本となりますので、

今回は正しい手洗いの方法を紹介したいと思います。

多くの病原微生物は、電車のつり革、手すり、エレベーターボタン、ドアノブ

などを介して手から手へと広がり、それが感染拡大のきっかけとなります。

つまり、手は見た目に汚れていなくても病原性微生物がついている可能性があるのです。

なので、石鹸と流水で洗い流す習慣をつけましょう。

<方法>

1.しっかりと石鹸液を泡立てる事。
 泡立てることで手全体や手のしわなdのに石鹸液がいきわたります。

2.正しく手洗いするためには30秒かけます。
 まずは、タイマーなどを置いて、30秒手洗いをやってみてください。

3.親指や指先、指の間は手洗いが不十分になりやすいところなので、
 しっかり意識して洗います。
 手を漫然と洗うのではなく、指の間、手首、爪の間、親指の付け根
 などを丁寧に洗いましょう。

4.2回、手洗いをすることで、ウイルスの除去効果が上がるというデータもあります。
 冬場のウイルス流行時のトイレの後は、2回手洗いの実施をお勧めします。

※アルコール消毒は、風邪やインフルエンザ、微生物への予防には効果的ですが、
 ノロウイルスには効果がなく、流水石鹸での手洗いが有効と言われていますので、ご注意ください。

手洗いのタイミングとしては、帰宅時や調理前後、食事前など、こまめな手洗いを心掛け

感染症から身を守りましょう!

それでも、何か体調を崩したときは、いつでも当院へご相談ください。
15:08:16 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ