FC2ブログ
夏の「こむらがえり」
2019 / 06 / 28 ( Fri )


いよいよ梅雨に入りジメジメとした日が

続きます。

蒸し暑くなり、急に就寝中足がつって

目が覚めた・・・。

突然、身動きが取れないほど強烈な痛みを

経験したことがある人は、

多いのではないでしょうか。

足がつるのは、ふくらはぎに起こることが多く、

「こむら返り」と呼ばれていますが、

足の指、足の裏、

太ももなどでも起こることがあります。

冬に多いと思われますが、

夏にも足がつるという人が増えます。

つり



筋肉の疲労、水分不足、発汗によるミネラル不足、

冷えによる血行不良などが原因です。

夏は身体のミネラルのバランスが崩れやすい時期です。

ミネラルは「神経や筋肉の動きを調整」

する役目をしています。

不足すると筋肉の収縮バランスが乱れ、

異常収縮を引き起こしやすくなります。

夏は大量の発汗と、

冷房による血行不良などが重なり、

足がつりやすくなります。

また「熱中症」の症状としても、

足のつりや、こむら返りが起こります。

日中、室内で冷房に当たり、

夜も熱帯夜などで一晩中冷房を付けていると、

気温は高くても、思っている以上に体は冷えています。

特に、足が冷えていることが多いため、

夏はシャワーだけて済ませるのではなく、

お風呂につかるようにしましょう。

つった時は

1、つま先をゆっくり自分の方に伸ばす。

2、親指を中心に足の指をつかんで、

ゆっくり手前に伸ばす。

3、治まったら、ふくらはぎを優しくマッサージする。

水分補給も忘れずに行いましょう。

熱中症の場合と同様に喉が渇いてから

多量に摂取するのではなく

こまめに少しづつ補給しましょう。

寝る前は冷たいもの・アルコール・カフェインは

利尿作用があるため注意しましょう。

運動中や、就寝中以外にも、起きている時、

リラックスしている時に頻繁に足がつったり、

足以外に背中や胸などが

つっぱったりした場合は要注意です。

また、当院では足のつりに効く漢方の

処方もしていますのでお気軽にご相談ください。

つり2
スポンサーサイト
13:12:53 | 未分類 | page top↑
| ホーム |