FC2ブログ
秋の熱中症
2019 / 09 / 13 ( Fri )
9月も半ばに差し掛かり、

朝晩は次第に涼しくなってきましたね。

そのため、真夏の暑い時期と比べ

水分を摂る機会が少なくなってはいませんか?

熱中症のピークは7〜8月で、

次第に体は暑さに慣れてきますが、

気温が涼しくなりだすと水分補給を怠り、

それが熱中症を引き起こす1つの要因となります。

涼しくなった秋は

油断大敵な季節であるという事を

お話ししたいと思います。

人間の身体には

体温を常に一定に保つための

調節機能が備わっていて、

体温が上がったときは

汗をかくことによって身体から熱が放出されます。

逆に体温が下がったときは、

身体が熱を作ることによって、

体内の平熱が保たれています。

人の平熱は36〜37℃で、

この温度が身体が生命を維持するために

最適な体温と言われています。

熱中症は、この体温調節機能が麻痺して

体温が上昇し、身体に熱がこもってしまう

ために引き起こされます。

秋になり体が涼しさに慣れてしまうと、

体温のコントロール機能が低下します。

それにより起こるのが秋の熱中症です。

寒暖の差が激しければ激しいほど、

身体の体温調節機能がうまくいかず、

結果、熱中症のリスクが高まります。

また、涼しい日が続いた後、

気温が25℃でも湿度が高ければ注意が必要です。

予防するには、夏と同じように水分や塩分の補給、

エアコンや換気で室温を一定に保つなどの

工夫をしましょう。

寒いsick_samuke_convert_20190913131128


熱中症に対する予防も大切ですが、

秋口は夏の猛暑で体力が落ちたところに、

気温差に晒され風邪を引く方が増えてきます。

さらに季節が進むとインフルエンザの流行も迎えますので、

今のうちから病気に負けない体づくりを意識し、

予防に努めていきましょう!

_convert_20190913130724.png
スポンサーサイト



13:00:43 | 未分類 | page top↑
| ホーム |