FC2ブログ
自然災害後の感染症について
2019 / 10 / 18 ( Fri )

皆さんこんにちは。

今週は台風が通り過ぎ、さらに気温が下がり一気に秋の気候となりましたね。

引き続き寒暖差の大きい日が続くため体調を崩さないよう十分にお気を付け下さい。


今回は台風19号が先週末、東日本を中心に猛威を振るいましたが

その台風などの災害時に気を付けるべき病気・疾患について

お伝えできればと思っております。


台風では浸水などの被害を受ける事がありますが

その際に水とともに流れ込む「泥」が注意するべきポイントです。

災害で流れた泥の中には様々な菌が潜んでいます。

まず、一つ目は傷口から侵入し運動神経の機能の障害を引き起こす

「破傷風菌」が存在していますので、予防としては傷を作らない事が大切です。

長袖・長ズボンの着用と履きやすいからといってビーチサンダルなどではなく

長靴を履くようにして下さい。

つぎに、土のほこりの中に存在し空気とともに体内に侵入することで

高熱・吐き気・呼吸困難・肺炎・意識障害を引き起こす「レジオネラ菌」があります。

予防としては汚れた空気を吸い込まないようにする事で

具体的にはマスクの着用が必要となります。


他にも様々な病気を引き起こすことがありますが、まずはどのようなリスクがあるのか

どのように対策・予防をすればいいのかを事前に知っておく必要があります。

最近では温暖化の影響か、今までよりも災害も増えた気がします。

そのため、他人事ではなく自分の周りでもいつ起こるか分からないと

警戒心を持ち、災害に対する備えや正しい知識を身に付けておきましょう。


スポンサーサイト



12:47:00 | 未分類 | page top↑
| ホーム |