FC2ブログ
改正健康増進法
2020 / 04 / 03 ( Fri )



日に日に暖かい日が増え

大阪も桜の満開が近いですね!!


4月は季節の変わり目だったり

環境の変化のある時期で

体調を崩しやすい時です。

皆さんご自愛くださいね。


さて今年の4月から

「改正健康増進法」が施行される

のはご存知ですか?

これの大きな目的は

「受動喫煙の防止」です。


1たばこ


2たばこ嫌


今までも対策はされていましたが、

今回の改正法では

より厳格なものになります。


ルールは大きく、

「屋内の原則禁煙」

「喫煙室設置」

「喫煙室への標識掲示義務付け」

「20歳未満の喫煙エリアへの立入禁止」

の4つが定めらています。



3禁煙



「屋内の原則禁煙」

多数の利用者がいる施設、

旅客運送事業船舶・鉄道、飲食店等の

施設において、屋内は原則禁煙となります。

施設によっては

屋外を含めた施設内が原則禁煙となり、

学校・病院・児童福祉施設といった行政機関、

旅客運送事業自動車・航空機については、

屋内は完全禁煙になり

喫煙室等の設備を設けることもできません。

ただし屋外には、

必要な措置が取られた場所に限り、

喫煙場所の設置ができます。

また、飲食店等においては、

所定の要件に適合すれば、

各種喫煙室

(専用室、可能室、加熱式タバコ専用室、目的室)

の設置ができます。



「屋内では喫煙室設置」

改正法では、

施設における事業の内容や経営規模への配慮から、

類型・場所ごとに、

喫煙室の設置が認められています。


喫煙室には「喫煙専用室」、

「加熱式タバコ専用喫煙室」、

「喫煙目的室」、

「喫煙可能室」の4種類があり、

それぞれ喫煙できるタバコの種類は、

喫煙専用室、

喫煙目的室、

喫煙可能室が紙巻タバコを含めたすべてのタバコ、

加熱式タバコ専用喫煙室が加熱式タバコのみ

で紙巻タバコは不可となっています。



「標識掲示義務」

改正法では、

喫煙可能な設備を持った施設に対し、

指定された標識の掲示が義務付けています。

紛らわしい標識の掲示、標識の汚損等については

禁止されており、罰則の対象となっています。



「20歳未満喫煙エリア立入禁止」

20歳未満の人は、

喫煙を目的としない場合でも、

屋内、屋外を含めたすべての喫煙エリアへの

立入は禁止されます。



それぞれ違反者には、

罰則の適用(過料)が課せられる

こともあるので

喫煙者の方だけでなく

非喫煙者の方も理解しておく必要がありますね。



まだまだ収束の目処が立たない

新型コロナウイルス

も重症化のリスク因子として

年齢(高齢者の方が重症化しやすい)や

持病の有無などが挙げられていますが

喫煙

もその要因の一つとされています。


喫煙者の方だけでなく

受動喫煙でも同様に

新型コロナウイルス感染症が重症化する

可能性が指摘されています。

ご自身はもちろん、

周りの方の健康を守る為にも

喫煙者の方は


今回の健康増進法の改定を良いきっかけに

禁煙

に取り組まれてはいかがでしょう?


当院でも禁煙外来を設けております。



4禁煙外来




いつでもご相談くださいね。




スポンサーサイト



13:30:36 | 未分類 | page top↑
| ホーム |