FC2ブログ
季節性アレルギー性こり
2019 / 04 / 05 ( Fri )



みなさんこんにちは。

いよいよ4月に入りましたね。

つい先日、新元号が発表されましたが

4月はまだ平成なので注意してくださいね。

5月から令和時代に突入するという事で

我々スタッフ一同も更に努力していこうと気持ちが引き締まります。


ところで、皆さん花粉症はいかがでしょうか?

前にブログで触れさせていただきましたが

今年は飛散量も多く今年から花粉症になった方

更に症状が酷くなった方も多いかと思われます。

その中で「季節性アレルギー性こり」というものをご存知でしょうか?


1554416683424_convert_20190405081358.jpg


これは花粉症の症状のくしゃみ

鼻水によって鼻をかむ動作で

首・肩の筋肉に力が入って肩こりなどの症状を訴える事を指しています。

ですので花粉症と言えど目・鼻の症状だけでは収まらないという事です。

今回はその場ですぐに出来る肩こり予防について

お話させていただきます。


①口すぼめ呼吸をする

2秒間鼻から息を吸い

口をすぼめて6秒間ゆっくり息を吐きます。

これを10回程度繰り返します。

吸う方より吐く方を意識すると自然と吸い込む空気量が増えます。

そうすると、首・肩付近の筋肉にも届ける酸素量も増えるので

肩こりの予防・改善に効果が期待できます。

その他、口より鼻で呼吸する方が

より多くの空気量を吸えますので、鼻呼吸も効果的です。


②姿勢を意識する

正しい姿勢から前かがみの姿勢になってしまうだけで

肺に入る空気量が減ってしまいます。

そうすると筋肉に届く酸素量も減りますので

こりの原因の1つになってしまいます。

普段から背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけましょう。


③こまめな水分補給

花粉症の方の多くは鼻づまりによって

自然と口呼吸になってしまいます。

すると、のどが乾燥するので

のどにある粘膜も乾燥してしまい

ウイルスが体内に侵入しやすい状況になります。

こまめな水分補給によって

のどの粘膜を潤しておきウイルスの侵入を防ぎましょう。


もちろん、肩こり解消には、ストレッチも効果的です!

当院リハビリ科では

頚・肩周辺の緊張緩和の治療だけでなく

ストレッチやエクササイズの指導も行っておりますので

ご紹介させていただいた方法と合わせ

お悩みの方は、是非、一度、ご来院ください。


12:30:17 | 未分類 | page top↑
アニサキス
2019 / 03 / 29 ( Fri )



皆さんこんにちは。

いきなりではあるのですが

厚生労働省の発表で、魚の内臓に寄生する「アニサキス」による

食中毒の報告件数が急増し

去年は食中毒の原因としては1位だったことがわかりました。

2018年の食中毒の報告総件数は1330件で

そのうちアニサキスは468件で、2017年の230件から倍増し

2位の病原菌カンピロバクター(319件)

3位のノロウィルス(256件)を上回ったとのことでした。

※一方で、アニサキスは感染に関しては広がらないため

患者数ではノロウィルスやカンピロバクターを大きく下回っているようです。

アニサキスですが、寄生虫のひとつで、幼虫は長さ2〜3㎝

幅は0.5㎜〜1㎜程の白い糸の様な生物で肉眼でも見えます。

魚介類の中でも、サバ、サンマ、アジ、イワシ、ヒラメ、サケ

今が旬のカツオ、イカなど私たちが一般的に食している

魚介類に寄生しています。


アニサキス

アニサキス幼虫は寄生している魚介類が死亡し

時間が経過すると内臓から筋肉に移動することが知られています。

これら魚介類を生で食べた時に

偶然に寄生していたアニサキスが

胃壁や腸壁に刺入することで食中毒を引き起こすのです。

特に胃に寄生すると、みぞおちに激しい痛みや悪心、嘔吐を生じます。

食中毒といえば、ノロウィルスも思い浮かべる方も多いかと思いますが

ノロウィルスはウィルスで

アニサキスは先程話にも出た通り

寄生虫によるものになります。


2018年にカツオによる食中毒と報告があった件数を

月別に集計してみると

初ガツオが旬を迎える4月、5月が突出しており

その殆どが刺身による食中毒の報告だったとのことです。

conbert.jpg

では、どうすればアニサキスによる食中毒を防げるのでしょうか?

アニサキス症の予防に最も有効なのは

生の魚介類を食さないことではありますが

美味しいお刺身が食べたい時もあると思います。

アニサキス幼虫は加熱と冷凍で死滅させることが出来ます。

また生の場合

魚を購入する際は、新鮮な魚を選ぶこと。

また丸ごと1匹購入した際は

速やかに内臓を取り除いてください。

内臓を生で食べたりしないことと

アニサキス幼虫を目視で確認し除去する事が大事です。

先の対策で出来るだけ予防し

それでも感染した場合は

アニサキスを疑い当院へ受診することをオススメします。

内視鏡によってアニサキスを取り出し

脂汗が出るほどの胃の激しい痛みを直ぐに取り除くことが出来ます。

※なお、食酢での処理や塩漬け

醤油やわさびをつけてもアニサキス幼虫は死滅しません!

醤油やわさびをつけたお刺身だから安心!!

ではないのでお気をつけて下さい。

当院でも胃の内視鏡検査を行っておりますので

生魚を食して少しでもおかしいなと思ったら

受診して頂ければと思います。





13:00:00 | 未分類 | page top↑
外部研修
2019 / 03 / 22 ( Fri )

皆さんこんにちは。

三月もあと少しになりましたね。

そう言えば、今年の関西の桜の開花予報は3/24頃咲き始めて

4/2頃が満開となるみたいです。

今年は比較的に温かいので

開花が早くなるみたいです。


さて今回はリハビリと受付のスタッフが外部の研修へ

行ってきた報告を皆さんに致します。

当クリニックでは患者様によりよく受診してもらうために

スタッフのスキルアップを兼ねて

外部の研修へ定期的に参加しています。


今回、リハビリスタッフはリハビリ(正しい運動フォームや手技)に関する研修へ行き

受付スタッフはスタッフ間の連携に関する研修へ行きました。


DSC_0033_convert_20190322082722.jpg

外部の研修は普段の業務とは違い

他業種の方もたくさん受講されたりするので

他業種の話やその悩み、なぜこの研修に来たのか?など

様々な意見が知れるのでとてもいい刺激、経験になります。


勿論、行ってきた人だけが知るのではなく

他のスタッフにも得てきた知識、技術を

発表、勉強会と言う形でフィードバックする時間も設けているので

スタッフ全員が共有できるようにしています。


DSC_1676_convert_20190322082653.jpg

研修へ行ってきたスタッフだけでなく

クリニック全体の底上げにつなげる為

発表、勉強会の時間を大切にしております。

これからも患者様に心地よく来て頂けるように

スタッフ一同頑張って参ります。




13:18:40 | 未分類 | page top↑
かかりつけ医
2019 / 03 / 15 ( Fri )
みなさん、こんにちわ。

季節の変わり目、引き続き、天候も不安定ですね。

血圧の変動ほか、体に不調をきたす患者さんの声も良く聞く季節です。

本格的な春になって気候が安定するまで、お気をつけください。

それでは本題に入ります。

突然ですが皆さんは、かかりつけ医って言葉を知っていますか?

「かかりつけ医とは?」

かかりつけ医ドクター


日本医師会によると

「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を

紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」を

かかりつけ医と定義しています。

厚生労働省も、このかかりつけ医の制度を推奨しています。

では、かかりつけ医を持つことで、皆さんにどのようなメリットがあるのでしょうか。

日頃のみなさんの健康状態を知っていて

気軽に何でも相談できるかかりつけ医がいれば

体調などに関して何でも相談できるので

必要なら医療面で早めの対策がとれますし

病状により専門医の治療が必要だと判断した場合は

ふさわしい医療機関を紹介できます。

かかりつけ医がいない場合、一般の方々が自己判断で

受診を手控えたり、延期したり

あるいは、間違った対応策をとっているうちに重症化して

しまうといったことが起きることがありますが

それも防ぐことが出来ます。

身体の異変を感じた時に気軽に診てもらえる

かかりつけ医は重要な存在です。

また、2018年4月から、他の病院からの紹介状なしに大きな病院

(特定機能病院及び400床以上の地域医療支援病院)を

受診すると、選定療養費の負担が患者さんにかかるようにもなっていますので

かかりつけ医に紹介状を書いてもらえるのも患者さんにとってメリットがあります。


かかりつけ医


では、「かかりつけ医」はどうやって探すとよいでしょう・・・?

以下にかかりつけ医の選ぶポイントを載せるので参考にしてください。

①職場や自宅の近くにあり、近所の評判がよいところ。

②患者さまの話をしっかり聞いてくれて相談しやすい。

③病気や治療、薬などについてわかりやすく説明してくれる。

④必要に応じて適切な専門医を紹介してくれる。

⑤訪問診療(往診)を行っている。

⑥介護保険で利用できるサービスを提案できる。

(訪問看護・訪問介護・訪問リハビリ等)

当クリニックは、往診・在宅医療(訪問診療・看護)に

送迎サービスやリハビテーションもございます。

ホームページにも記載していますが当クリニックは

「患者さま・ドクター・スタッフ・提携病院 」の4つが一体となって

協力し治療にあたっていくことをコンセプトとした、地域密着のクリニックです。

かかりつけ医を探していて様々な症状でお困りの患者様やそのご家族様

往診・在宅医療のご相談等ございましたら

お気軽に受付スタッフにお声掛けください。
12:00:00 | 未分類 | page top↑
花粉症
2019 / 03 / 08 ( Fri )


みなさんこんにちは

3月に入り少しづつ寒い日も減ってきて

気温が暖かく過ごしやすい日が増えましたね。

ですが、冬から春に向けて困る方も多いと思います。

それは・・・花粉ですね!!

日本はスギの木が多いからか

花粉症患者の70%がスギ花粉といわれています。

そこで気になるのが今年の花粉状況ですね

日本気象協会によると

今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は前シーズンに比べてやや多いとでています。

スギ花粉飛散のピークは

大阪では3月上旬と予測されていてスギ花粉のピークが終わる頃になると

ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。

大阪では4月上旬の見込みです。


闃ア邊・_convert_20190307185702

スギ・ヒノキ花粉の飛散量がピークになる時期は

花粉シーズン中の気温や予想される総飛散量と関係があると考えられます。

このあと3月にかけての気温は北日本では

平年並みか高め

東日本と西日本では平年より高めで経過する予想されているようです。

スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は

例年並みか少し早まる見込みとなっているようです。

また、リアルタイムの飛散状況は

当院のホームページ表紙でも紹介していますので参考になさってください。


闃ア邊・_convert_20190307185614


そもそも花粉症とは

花粉が原因でおこるアレルギー(過剰な)反応であり

主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり

目のかゆみなどの症状が出ます。

花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で

アレルギー性鼻炎は

年中症状のある通年性アレルギー(ハウスダストやダニなどが原因)と

一定時期だけ症状のある季節性アレルギーに分けられます。


闃ア邊・_convert_20190307190239

その季節性アレルギーの代表格がスギ花粉症になります。


今年になってから風邪でもないのに

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が続く方は

アレルギー性鼻炎の疑いも考えられます。

最近ではドラッグストアなどで市販されている花粉症の薬もありますが

病院で処方される薬に比べると

効きにくかったり副作用(ex 眠くなる、喉が渇く など)が

起こりやすいと言われています。


闃ア邊・_convert_20190307185741

まずは花粉症か?何が原因なのかを

アレルギーの検査をして診断することが素早く治療するためには大事です。

当クリニックでも検査、薬の処方は行えますので

気になった方はお気軽にご相談下さい。


12:50:13 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ