FC2ブログ
ヒートショック
2019 / 01 / 18 ( Fri )


皆さんこんにちは。

十日戎(えべっさん)・成人式も過ぎ、

新年が明けてからもバタバタと過ぎていく時の速さを感じますが、

全国的にインフルエンザも流行っていますので

体調管理には十分気をつけてください。

今回はこの寒い季節に気をつけていただきたいことで、

近年問題にもなっているヒートショックについて書きたいと思います。


まずヒートショックとは、

家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動する事で起こります。

消費者庁の資料によりますと、

平成26年の家庭の浴槽での溺死者数は4,866人にのぼり、

その年の交通事故による死者数4,113人を上回り、

65歳以上の高齢者が約9割を占めています。

(特に75歳以上の年齢層は10年前に比べ大きく増加)

増加の原因はヒートショックによるものとされていて、

入浴中のヒートショック等による意識障害により浴槽に倒れ、

溺死するというパターンが多いようで、

暖房をつけている部屋とつけていない浴室やトイレの温度差は

10℃を超えるといわれています。

2_convert_20190118134410.jpg

暖かい部屋から寒い風呂場へ移動すると、

熱を奪われまいと血管が収縮し血圧が急上昇、

お湯につかると血管は拡張して血圧は急激に下がります。

血圧が何回も変動することにより心臓に負担をかけ、

血圧の上昇による心筋梗塞や不整脈・脳梗塞や脳出血を引き起こしやすく、

血圧が低下することで目眩やふらつき、

または意識を失って転倒や溺死という結果につながることもあります。

予防法としては脱衣所や浴室を暖かくする事や、

浴槽の温度を41℃以下にして長湯をしない・ゆっくり暖まる・入浴前に飲酒をしない等ありますが、

入浴前後の水分補給も大事になってきます。

なぜなら、冬は空気の乾燥により水分が失われやすいのに加え、

喉が乾きにくいなどの理由で夏場に比べて飲料摂取が少なくなります。

3_convert_20190118134455.jpg

入浴で汗をかき体内の水分が減ることにより血液がドロドロになり、

血栓ができやすく血圧の上昇により脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなるからです。

それらを防ぐ為に入浴前後の水分補給を心がけましょう。

また、冬場の浴室以外にトイレでも排便でいきむ際に血圧が上がり、

排便後急激に低下するため起こりやすいとも言われていますので気をつけてください!

4_convert_20190118134519.jpg

ヒートショックという言葉を聞いた事はあっても、よく解っていなかったり、

あるいは他人事だとか自分は大丈夫だとは思わず、

予防法を知り寒い冬を乗り切りましょう!!

13:53:37 | 未分類 | page top↑
正月病
2019 / 01 / 11 ( Fri )

新年を迎えて早10日、皆さんそれぞれ日常の生活へ戻られていると思います。

そんな中で何だか調子が出ないなんて事はありませんか?

もしかしたら正月病かもしれません。

年末年始の過ごし方で次の3つに心当たりがあれば要注意です。

①食生活の乱れ

年末年始は食事の量がいつもより増え胃腸が疲れやすくなります。

またお休みでいつもより活動量が減り短期間で体重が増え身

体に負担がかかり、だるさや腰痛・肩こりに繋がることがあります。
ブログ画像1


②生活リズムの乱れ

多忙な年末から正月はのんびり過ごし休み明けには

忙しい生活に戻るというように、

短期間で生活リズムが大きく変わることで

体がついていけず体調を崩しやすくなります。

③睡眠リズムの乱れ

休みの間は、就寝時間や起床時間が遅くなり、

いつもの睡眠リズムが乱れる事で睡眠の質が低下し

体の疲れがとれず、だるさを感じるようになります。
ブログ画像2


いかがですか?

上の3つに当てはまる方、多いのではないでしょうか?

当てはまった方は今からできる対策で少しでも改善していきましょう‼︎

✩正月モードの冷蔵庫の整理

冷蔵庫は胃袋の鏡‼︎冷蔵庫内がメタボにならないようストック量をリセットしましょう。
ブログ画像3



✩脂肪代謝アップの緑茶を飲む

緑茶に含まれる「茶カテキン」には、

脂肪を代謝する力を高める効果があるので

温かいものが飲みたくなった時は緑茶がお勧めです。

ブログ画像5


✩朝日を浴びて1日の体内リズムを正常化

朝日を浴びると幸せホルモン「セロトニン」の分泌量が増え、

すっきり気持ちのいい1日をスタートできます。まずは朝起きてカーテ

ンを開ける事から始めましょう。

まだまだ寒さの厳しい季節が続きます。

外の寒さだけでなくお家の中に潜んでいる寒暖差にもご注意下さい。

次回のブログは今の時期に起こる『ヒートショック』についてです。


14:16:28 | 未分類 | page top↑
年始のごあいさつ
2019 / 01 / 05 ( Sat )


新しい1年が始まりました。

今年は、お天気の良い正月でしたね。

本日より2019年、よつ葉クリニック診療開始となります。

本年も、地域の皆様に信頼され、愛されるクリニックを目指し、

院長とスタッフ一丸となり診療を行います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


当クリニックは、通常診療の予約は行っていないため、

来て頂いた順番でのご案内となります。

予約制じゃなくても、思ったよりも早く診療を受けられた。

待ってでも来て良かった。

と思って頂けるように心がけています。

長期休み明けで、混み合う日がある可能性がありますが、

混んでいても一度、受付にお声かけをしてみてください。

一見、混んでいる様ですが、

見た目ほどの待ち時間はかからない事が多いです。


さて、年末年始、生活リズムの乱れ、

食生活の乱れから体調不良を感じる方も少なくないと思います。

次回のブログは、

こういった生活リズムからの

体調不良「正月病」について書きたいと思います。


13:07:32 | 未分類 | page top↑
平成最後の。。。
2018 / 12 / 29 ( Sat )
皆さんこんにちは。

とうとう、2018年もあとわずかになりましたね。

本当に1年はあっというまだなと実感します。

このまま油断せず、体調を崩されないようにご自愛ください。


今年のよつ葉クリニックのお休みの日程は

2018年12月29日(土)の午後から2019年1月4日(金)までが

お休みとさせていただきます。

2019年1月5日(土)から通常通りに診療します。

みなさまと新年元気に迎えれることを楽しみにしています。


さて、新年を迎える前によつ葉クリニックでは大掃除を

12月26日に行いました。

いつもなら壁紙の黒ズミなどをきれいにしたりするのですが

前回で紹介しましたが

今年は壁紙の張り替えを最近したばかりなので

今年は軽く、埃を落とすくらいで済みました。


1545652487245_convert_20181225082510.jpg

毎日掃除をしているのですが

たまにしか掃除をしない場所では

やはり汚れやほこりが多く。。。

しっかりと掃除をしました

お昼過ぎから始め、終わったのは夕方ごろでした。

しっかりときれいにできたので

これで安心して新年を迎えれそうです。


では皆さん平成最後の年越しを

体調を崩されないようにお過ごしください。

良いお年を。



20181229122949_convert_20181229123253.jpg


13:25:57 | 未分類 | page top↑
一新
2018 / 12 / 25 ( Tue )


皆さん、こんにちは。

先日、リハビリ室、点滴室の内装の報告をさせて頂きましたが

今回は外装及び診察室、待合室の内装も一新いたしました。

外装に関しては1週間程経ちましたが、皆さんはお気づきでしょうか?

1545645380151_convert_20181225082239.jpg


お馴染みのオレンジ色から

1545645383232_convert_20181225082319.jpg

白一色へ!

夜見ても院内の明かりがチラチラと覗かせ

暖かい感じに仕上がっております。

内装に関しても診療終了後

皆一丸となりクロス張り替えしやすいように物品の移動をしました。

1545645381744_convert_20181225082306.jpg

カルテが沢山!

よつ葉クリニックは本当に皆さんに支えられているのだと改めて感じました。

新装後の写真ですがこちらになります。

1545652487245_convert_20181225082510.jpg


元々クロスは白でしたが

新しいクロスで更に白さに磨きがかかり

受付後ろにあるクロスの柄を引き立たせた感じに仕上がっております。


1545652481867_convert_20181225082410.jpg


1545652488595_convert_20181225082521.jpg

ちなみに上の写真が待合の張り替え前で、下が張り替え後になります。

明るさが少し違いますね。

そういえば今日はクリスマスですね。

今年は特に早く感じて

年末へと刻は進んでいきます。

天気予報によれば

年末に向けて寒さも一層厳しくなるとの事で

体調を崩さないよう注意をしていきましょう。


13:30:36 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ